山口 求人傾向

山口県の瀬戸内海側の傾向と厚生年金や健康保険

住んでいるエリアによって仕事のジャンルには、ある一定の傾向があると思います。
土地の特徴・地域の特徴・産業の特徴によって求人も違ってきます。
山口県の場合を考えてみましょう。
瀬戸内海エリアは瀬戸内海工業地域に属していますし、高速道路ネットワークを活用した流通業や重化学コンビナートを中心とした工業が盛んになっています。
有名なのは山口県西部エリアの山陽小野田市や宇部市。ここはセメント製造で有名です。
このような傾向がありますから、工場スタッフや倉庫スタッフの派遣の仕事は案件も多くなっています。
 
正社員がいいのでしょうが、派遣社員もプライベートの時間を充実できるメリットもあります。
また、派遣社員から正社員へ登用される道もあります。
紹介予定派遣の案件があれば、それを選ぶのも一つの方法です。
 
派遣社員という働き方でも厚生年金や健康保険に加入できるケースもあります。
二つの条件がありますが、該当するならば、加入するほうが得になるでしょう。
 
(1)31日以上、雇用される見込みがあること
(2)労働する日数や時間が派遣会社社員の3/4以上であること

 
労働日数は1か月間の数字になり、労働時間は1週間あたりの数字です。
保険料は本人と派遣会社の両方が負担します。
 
「労災保険」は派遣社員が通勤途中や勤務中、事故に遭遇した場合に補償される保険のこと。
労働災害給付金として賃金の8割と治療費用の全額が補償されることになっています。
 
「雇用保険は1年以上の雇用が見込まれていて、合計した労働時間が1週間に20時間以上であることが条件で、条件をクリアしていれば加入可能。
少し前は失業保険と呼ばれていました。保険料は派遣会社と本人が半分ずつ負担します。
 
山口県で派遣社員として仕事をする場合は覚えておきたい情報だと思います。


山口 求人

山口市 求人